MANUFACTURE MANUFACTURE

製造

印刷

長年培ってきた製版会社のCMS(カラーマネジメントシステム)プロファイリングを、最大限に活かした印刷物をご提供致します。原色を忠実に再現し、特色の配合や製版を自社で行うことにより、校正刷りと変わらない色を再現。校正刷りをご支給いただく場合でも、CMSプロファイリングを使用すれば高い再現性で製造できます。また、印刷工場が都内にあるため、印刷立ち合いもスムーズに行えると多くのデザイナー様にご満足いただいています。小ロットから大ロットまで幅広く迅速に対応可能です。

使用機材一覧

K全UV5色機

印刷機:K全UV5色機  DAIYA 300
最大紙寸法 1,020mm×720mm
最小紙寸法 540mm×360mm
最大印刷面積 1,015mm×705mm
用紙厚 0.1~0.6mm(薄紙110kg 厚紙450g)
CIP3 画線部読取機
色調管理 MCCS-Ⅱ

L半裁UV胴間6色機

印刷機:L半裁UV胴間6色機 LS-632
最大紙寸法 820mm×610mm
最小紙寸法 420mm×297mm
最大印刷面積 810mm×575mm
用紙厚 0.1~0.6mm(薄紙110kg 厚紙450g)
CIP3 画線部読取機
色調管理 KHS   UVインターデッキ(2胴)

加工

創業から半世紀にわたり蓄積してきた紙器の専門業者としての知識や経験を武器に、一般的なパッケージの加工から、通常ラインでは実現が難しい加工まで、幅広く対応できるのが当社の強みです。製版から出荷まで自社工場内で製造できる社内一貫生産ラインを活かして、高品質な製品をご提供致します。
※加工サービスは、NCPグループの株式会社鎌田紙器がご提供致します。

抜き

熟練のオペレーターによる、抜き型と機械の緻密な調整によって、高品質な抜き製品をお届け致します。主な取扱製品は、板紙、段ボール、合紙品などの厚紙です。また、次工程でもある貼り加工と併設されていることから、製函作業に適した抜き製品を事前に考慮したうえで作業を行うことができます。

使用機材一覧

菅野オートン自動打抜機 NFS-M Series

最大紙寸法(1,000mm×720mm)
最小紙寸法 550mm×360mm ストリップ付

浅岡半自動平盤打抜機 LP-1050型

最大紙寸法 1,050mm×750mm
最小紙寸法  300mm×150mm

貼り

大型機を含む4台の製函機が稼働しており、サック貼り、底貼り、カマス貼り、四隅貼り、六隅貼り、テーパー付底貼り、額縁付四隅貼りなど、さまざまな製函を行っています。これまでに培った技術と経験、蓄積されたノウハウを活かして、難易度の高い形状のご相談にも随時対応しております。

使用機材一覧

ハイグレード自動製函機 GM450

最大紙寸法 450mm×450mm
最小紙寸法 80mm×30mm

菅野自動製函機 GM650

最大紙寸法 650mm×700mm
最小紙寸法 200mm×150mm
噴射装置付
(サイド糊検知・カメラ検知・
金属探知付)

菅野自動製函機 GM1000

最大紙寸法 1,000mm×800mm
最小紙寸法 400mm×250mm
4・6コーナー噴射装置付
(内1台長貼り可能約1,000mm・
カメラ検知)